生の舞台の素晴らしさをすべての人に伝えたい。



多種多様で安易な娯楽が氾濫する中で、真に人の心を揺り動かすもの、訴えかけるもの‥‥‥。
時代を探りつつ、流行には流されない本物の演劇にはそれがあります。

鍛えぬかれた演技、舞台美術、音楽、総合芸術としての演劇。
息づかいや体温が感じられる、生身の人間が繰り広げる舞台。
観客と時間を共有し、無言のコミュニケーションを交わす。

そこにこそ演劇の命があり、私たち自身も目標とする。
“感動の瞬間”を共有することができるのです。

だからこそ私たち劇団潮流は、一声一動に想いと願いを込めて、
今日も舞台の上から、メッセージを投げかけていきます。




各分野への創造的なアプローチと幅広いレパートリー。伝統と実績のある劇団です。

劇団潮流は、1960年創立以来、演劇芸術の本質を追求し、本格的な舞台づくりを目指してきました。
大阪を拠点に、一般公演、学校公演、おやこ劇場など、全国各地で年間200ステージを超える公演活動を続けています。

また、地域での催しの参加や対外的な活動にも積極的に取り組んできました。

時代が変わっても劇団としての理念・思想を変えず、作品における人間・社会の本質、
矛盾をつきつめて常に新しい舞台を創造していきたいと願っています。

豊かな創造力と溢れる感性、目には見えないものから創り出される舞台という未知の空間に、劇団潮流は挑戦し続けます。