ブンナよ木からおりてこい


響きあう映像と一人芝居
新しいスタイルの心温まる「ブンナ」の世界

作家自ら新たに一人語り用に書きおこした、蛇が蛙をくわえる弱肉強食の原則は、
あまりにも露骨で、幼い魂に残酷過ぎることかもしれない。
しかし、いつの間にかあたたかいものを感じる。


直木賞作家、水上勉の名作「ブンナよ木からおりてこい」を池下雅子の一人芝居と映像でお送りします。

この世の中で最も弱いものの象徴であるカエルのブンナの姿を通じて、
凡庸でも賢明に生きることがいかに大切であるかを伝えたいという作者の願いを鮮やかに表現致します。

童話に出てくるものは、蛇や蛙や百舌の話だけれども、重要なのは、人間の話でもあることである。



                                                 → 作品紹介

公演要項

上演時間 1時間20分(途中休憩はございません)
準備時間 3時間(前日あるいは公演当日)
撤収時間 1時間30分(公演終了後すぐまたは休憩後)
        ※準備・かたづけ共、会場の条件によって時間の変動があります
舞台条件 額縁舞台使用の場合:間口8m×奥行5m
フロアー使用の場合:間口8m×奥行16m
観客人数 150〜200名   ※詳細はお問い合わせください。
上演料 ステージ条件により異なります。お問い合わせください。