バウワウ

 

商品イメージ1

言葉が通じなくても、心が通じる。
「伝えようとすること」「わかろうとすること」で、何かが生まれる。
誰かに出会うことって素敵だなあと感じてもらえるそんなお芝居です。

 

 

作・演出より   羊の子

私の住む500所帯ほどの団地には、外国人の方が数名いらっしゃいます。
地域の活動の役員になったとき、2人のお母さんが日本語がよくわからず、コミュニケーションをあまりとれないまま1年を終えてしまいました。
でも、私の大阪弁にニッコリ笑って、OKサインを出してくださったことがあり、そのホッとする笑顔が忘れられず、こんな作品ができあがりました。

ハリーとゴロウが仲良くなれたらいいな・・・

ストーリー

外国から来た犬のハリーが、町から離れて一匹でお散歩。
雨が降ってきたので雨宿りしていると、そこに、自分は《忍者犬》だと名乗るノラ犬のゴロウが住んでいました。

ハリーは友達になろうとゴロウに話しかけますが、英語しかしゃべれないハリーに、ゴロウは困ってしまいます。
英語と大阪弁で、トンチンカンな会話をしているうちに、ハリーの家が、昔のゴロウの家だとわかってきます。

帰り道がわからなくなったハリーを連れて、ゴロウは元住んでいた家を目指して町へ出かけますが・・・
二匹の犬が言葉遊びのように会話し、車に追いかけられたり、
川でおぼれそうになったりしながらだんだんと友達になっていきます。

コントのような二匹の会話と動きに、いっぱい笑って、そして最後にジーン・・・
誰かに出会うことって素敵だなあと感じてもらえる。そんなお芝居です。



公演要項

上演時間 45分(途中休憩はございません)
準備時間 1時間30分(前日あるいは公演当日) ※会場の条件によって変動がございます。
撤収時間 1時間(公演終了後すぐ、または休憩後) ※会場の条件によって変動がございます。
舞台条件 間口10メートル×奥行15メートル程度の平土間
 (体育館・公民館・広めの会議室・幼稚園のお遊戯室などで可能)

1ステージ上限200名、1日3ステージまで可能
上演料 舞台条件によって異なります。お問い合わせください。

 

ワークショップ

終演後のワークショップも大好評です!
今、目の前で見た劇のワンシーンを今度は役者と一緒にあるいは友達と一緒にやってみる、創ってみる。
子供たちはみんな活き活きとしてみんな個性的に楽しんで表現してくれます。

公演終了後20分から30分(ご希望により実施。別料金)

 

感想

えいごならってないけど、なんとなくつうじたよ。

爆笑!! めっちゃ楽しかった。友情って素晴らしいネ。

近くに来たときは、ちょっとびっくりした。

さいごにかんどうしてなみだがでそうになりました。

車にのっててゆれたりしているときが、たのしそうでこっちもたのしくなって、しあわせな気分になりました。

出会ったとき、お互い言葉が通じてなかったのに、最後らへんは心が通じあっているみたいです。

英語が話せるといいな~とおもいました。かっこよかった。